Loading…
京都文化博物館にて「天平の都 恭仁宮」展が開催されます。
 
 

京都文化博物館にて「天平の都 恭仁宮」展が開催されます。

京都文化博物館

 京都府・京都文化博物館・京都府教育委員会主催で「天平の都 恭仁宮」展が京都文化博物館にて開催されます。

 恭仁宮は、天平12年(740)に平城京から遷都した都である恭仁京の中心となった場所です。都として歴史に登場するのは4年足らずと短命の都ですが、「国分寺建立の詔」(741年)、「墾田永年私財法」(743年)といった、古代史上重要な法令が出されており、確かに日本の中心でした。

 京都府教育委員会では、恭仁宮の発掘調査を50年以上継続的に実施し、多くのことが明らかとなってきました。今回に展示では、最新の恭仁宮の姿を紹介します。

 また、近世や近代における恭仁宮研究の成果資料を展示し、恭仁宮研究に先人が残した足跡をたどります。

展示の詳細

会期 令和6年6月8日(土)~令和6年7月28日(日) ※休館日は毎週月曜日(7月15日(祝)は開催)

会場 京都文化博物館2階総合展示室

開催時間 10:00~19:30(入場は19:00まで)

展示内容の詳細は☞こちら 

| 2024年5月30日 |